情報商材詐欺の見分け方は?騙されない6つの方法を解説

情報商材とは
詐欺被害対策

「情報商材詐欺はどうやって見分ければいいの?」

たしかに、最近は「90%が詐欺」と言われているほど情報商材詐欺が流行しています。

当サイトへも情報商材詐欺に関する相談が急増しており、多くの方が被害にあっているようです。


この記事では、情報商材詐欺見分け方について詳しく解説していきます。

情報商材詐欺は「自分は騙されない」と思っている人こそ危険です。

犯罪組織資金を渡さないためにも、情報商材詐欺見分け方を知っておきましょう。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示

情報商材詐欺とは?

情報商材詐欺被害とは

情報商材とは、「〜するだけで月収100万円」「FX必勝法」「誰でもできる副業」など、有益な情報を装って価値のない情報高額で売りつける詐欺のことです。

最近は、noteBrainなど、簡単に情報商材を販売できるサービスが増えています。

もちろん、すべての情報商材が詐欺というわけではありませんが、金額に見合っていない情報を提供している業者は決して少なくありません。


特に、稼げる系(副業・投資・ギャンブルなど)の情報商材は詐欺の可能性が非常に高く、購入はオススメできません。

そもそも、「誰でも」「簡単に」「ノーリスクで」本当に稼げるのであれば、その情報は世界中に拡散されるはずです。

怪しい儲け話には必ず「裏」があります。


もし、すでに情報商材詐欺の被害にあっているのであれば、今すぐに弁護士・司法書士へ相談しておきましょう。

情報商材詐欺業者と返金のために交渉をしてくれるのは、弁護士・司法書士だけです。

【24時間オンライン相談可】情報商材詐欺の返金請求に強い弁護士に無料相談する

情報商材詐欺の見分け方とよくある手口

返金の方法

次に、情報商材詐欺の見分け方について解説していきます。


情報商材詐欺の見分け方

  • 怪しいキャッチフレーズを多用している
  • 「今だけ◯万円」「100名様限定」を謳っている
  • 商品の返金保証をしている
  • 特定商取引法に関する表記がない
  • アフィリエイターが紹介している
  • LINEやメールで宣伝している

それぞれ詳しく見ていきましょう。


怪しいキャッチフレーズを多用している

誰でも」「簡単に」「ノーリスクで」「100%」「絶対に」など、怪しいキャッチフレーズを多用している場合は、情報商材詐欺の可能性が高いです。

「いいね!するだけ150万円稼げる」「1日5分で50万円稼げる」このような情報が本当にあるなら誰でも知りたいと思うでしょう。

しかし、残念ながら「誰でも簡単に稼げる方法」はありません。


冷静になれば当たり前の話ですが、情報商材詐欺業者はあの手この手で騙してきます。

また、情報商材詐欺は怪しいキャッチフレーズを多用してきますが、「具体的な内容や根拠の説明がない」という特徴があります。

あまりにも強い言葉を使って商品をPRしている場合は、間違いなく情報商材詐欺です。


「今だけ◯万円」「100名様限定」を謳っている

今だけ◯万円」「100名様限定」など、このようなキーワードを使っている場合も情報商材詐欺の可能性が高いです。

このように、通常価格よりも安くするマーケティング手法を「二重価格」と言います。

「二重価格」自体はまったく問題ありませんが、情報商材詐欺は「今だけ◯万円」「100名様限定」などの表記を常に表示しているのです。

あたかも「通常価格より安い」と誤認させる表示は、景品表示法に違反しています。


商品の返金保証をしている

「高いけど返金してくれるなら買ってみようかな」

こんな風に思ってしまった人は、非常に危険です。

いくら「返金保証」という記載があっても、返金してくれることは絶対にありません。

返金を依頼しても、以下のような理由で確実に返金を断られるでしょう。


  • あなたが教材通りに行っている証拠を提出してください
  • あなたの方法が間違っているので返金できません
  • 教材通りに行動をしていないのが稼げない理由です
  • あと数ヶ月だけ頑張ってみましょう

そもそも情報商材は、PDF動画がアップロードされているサイトのURLなどが商品として送られてくるため、返品しても意味がありません。

返金保証が本当だとすれば、価値のある情報だったとしても返金を依頼する人が続出して、ビジネスとして成り立たないでしょう。

情報商材は「返金保証=詐欺」と覚えておきましょう。


特定商取引法に関する表記がない

情報商材を販売するには、以下の表記が必須です。


  • 事業者の氏名
  • 事業者の所在地
  • 事業者の電話番号
  • 商品の販売価格
  • 商品の支払い時期・方法
  • 商品の引渡し時期
  • 返品や交換についての規定

上記を、特定商取引法に関する表記といって、これらがない場合は100%情報商材詐欺です。

また、表記されていてもテキストデータではなく、画像の場合は情報商材詐欺の可能性があります。

特定商取引法に関する表記がないサイトから情報商材を購入してはいけません。


アフィリエイターが紹介している

情報商材の商品名を検索するとレビューサイトが出てくるかもしれませんが、信用してはいけません。

レビューサイトの運営者は、情報商材が購入されるたびに業者からお金をもらいます。

このような仕組みを「アフィリエイト」といって、アフィリエイトを行っている人を「アフィリエイター」と呼びます。


アフィリエイターは購入されるほど報酬が高くなるため、不利になるような内容は記載しません。

本当に価値のある情報であればアフィリエイターが紹介しなくても、勝手に口コミが広がるはずです。

あまりにも評判が良すぎる情報商材には注意してください。


LINEやメールで宣伝している

情報商材詐欺は逮捕のリスクを考慮して、サイトや商品を定期的に変更します。

1つの商品を短期間で無理矢理にでも販売する必要があるため、LINEやメールなどの広告も活用しています。

また、LINEやメールはクローズドな環境なので、犯罪組織である詐欺師にとって都合がいいのです。


LINEやメールで頻繁に連絡を取り合って、洗脳に近い状態で情報商材を購入させるケースもあります。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示

情報商材詐欺の見分け方とよくある手口

手口

情報商材詐欺で返金してもらうためには、証拠が必要です。

しかし、情報商材詐欺は実際に商品を受け取っているため、詐欺としての線引きが難しいという特徴があります。

そのため、情報商材を購入した際には、以下のような情報はすべて手元に残しておきましょう。

情報商材詐欺で返金してもらうには「証拠」が必要

返金の方法

情報商材詐欺で返金してもらうためには、証拠が必要です。

しかし、情報商材詐欺は実際に商品を受け取っているため、詐欺としての線引きが難しいという特徴があります。

そのため、情報商材を購入した際には、以下のような情報はすべて手元に残しておきましょう。


  • 公式サイトや広告のスクリーンショット
  • 販売者から送られてきたメールやDM
  • 販売者とのLINEのやり取り
  • 販売者との電話の録音
  • クレジットカード情報
  • 代金を振り込んだ銀行口座の明細書

上記は、情報商材詐欺として証明するために有効な情報です。

また、自分が本当に購入したことを証明できるように、代金を振り込んだ銀行口座の明細書は印刷しておくといいでしょう。

証拠があれば、弁護士・司法書士がすぐに返金交渉を行ってくれます。


いくら悪質な詐欺師でも、法律のプロである弁護士・司法書士に介入されると逮捕を恐れてすぐに返金してくれるでしょう。

【24時間オンライン相談可】情報商材詐欺の返金請求に強い弁護士に無料相談する

まとめ

まとめ
この記事では、情報商材詐欺の見分け方について詳しく解説しました。


情報商材詐欺の見分け方

  • 怪しいキャッチフレーズを多用している
  • 「今だけ◯万円」「100名様限定」を謳っている
  • 商品の返金保証をしている
  • 特定商取引法に関する表記がない
  • アフィリエイターが紹介している
  • LINEやメールで宣伝している

上記に1つでも当てはまっている場合は、情報商材詐欺の可能性が高いです。

特に、稼げる系(副業・投資・ギャンブルなど)の情報商材は詐欺である場合が多く、信用するべきではありません。

購入してしまった場合は、すぐに返金してもらう準備を進めましょう。


情報商材詐欺で返金してもらうには、弁護士・司法書士に対応してもらうしかありません。

まずは、無料相談で話を聞いてもらいましょう。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示


【24時間オンライン相談可】
被害金の返金実績がある弁護士はこちら

ART法律事務所公式 ※公式ページが表示されます
蒼空法律事務所公式 ※公式ページが表示されます

※蒼空法律事務所の公式ページが表示されます

田中保彦法律事務所 ※公式ページが表示されます

※田中保彦法律事務所の公式ページが表示されます

詐欺情報掲示板 - サギペディア SAGIPEDIA

被害者の会 匿名掲示板…

詐欺トラブルZERO

海外詐欺情報部は、国際ロマンス詐欺や海外FX詐欺、仮想通貨やマルチ商法などの詐欺情報を取り扱うメディアです。最新の詐欺手…

※弁護士や司法書士へ相談する際は
”詐欺に遭った経緯”を説明するとスムーズに進みます。