【逮捕案件】実は計画倒産?「買取幸(かいとりゆき)」が破産で被害続出!300万失った人も?!

人気おすすめ
注目記事

ちょっとちょっとー!!

大事な大事なトレカを買い取ってくれるって話だったのに、代金支払われてないんだけどー!?

    ???「それってあなたの感想ですよね?」

…いや、感想ではなく事実です。

ポケモンカードを始めとしたトレカの買取店「買取幸」が突然倒産したことにより、買取金額を受け取らないままトレカだけ奪われてしまった人が続出。

さすがの○○ゆきもびっくりでしょう。

この記事を読んでいる人の中には、実際に被害に遭った人もいるのではないでしょうか?

被害に遭ったオレたちはどうしたらいいの?そもそもなんで倒産したんや?奪われたコレクションたちはどこへ?オレたちの青春は?

そんな気になることがたくさんのあなたに向けて、今回の事件を詳しく解説していきます。あ、青春は自分で取り戻してくださいね(辛辣)

【要注意】カード買取業者「買取幸」の概要

そもそもなに?

買取幸(かいとりゆき)という名前のトレーディングカード買取業者が、2024年5月31日に突如倒産したことで、多くの被害者が発生しています。

一体どんな会社だったのか、倒産の経緯や影響について、詳しく見ていきましょう。


①「買取幸」とはどんな会社?

買取幸は、ポケモンカードをはじめとするトレーディングカードの高価買取をウリにしていた業者です。

ポケモンカードと言えば、人気のものになれば数万~数百万で買取されていることで有名ですよね。

特に人気の高いレアカードを積極的に取り扱っており、実際に高値で買い取った事例もあったことから、多くのユーザーから信頼を寄せられていました。

カード1枚に数百万払ってくれた実績があるなら、信用してしまうかも…。

しかし、その裏では倒産の影が忍び寄っていたのです。

買取実績や利用者の声だけでは、会社の実態を判断するのは難しいですね。


②「買取幸」倒産の経緯と影響

2024年5月31日、買取幸は突如として倒産しました。

その時点で買取代金が未払いだったユーザーは、一瞬にして被害者となってしまったのです。

SNSや掲示板には、次々と被害報告が寄せられています。

中には数百万円もの損失を被った人もいるとか。

まさに青天の霹靂ですね。


③被害者の声

買取幸の倒産により、多くの被害者が途方に暮れています。

「結婚資金のために手持ちのカードを売ったのに、代金が支払われないなんて…」といった悲痛な声も。

トレーディングカードは高額なものが多いだけに、被害額も膨大なのでしょう。

買取幸に大切なコレクションを預けていた人は、今の心境を察するに余りあります。

トレカ高価買取をうたう「買取幸」が2024年5月31日に倒産

実際、どうなんの?

さて、ここからは多くのユーザーを巻き込んだ今回の事態について、倒産の背景や影響範囲、そして今後の法的対応などを探っていきます。

被害に遭われた方は、ぜひ参考にしてください。


①倒産の背景と原因

買取幸が倒産した理由としては、経営難や資金繰りの行き詰まりが指摘されています。

「どうしたの?買取幸くん」

『経営難だったのに買取を続けていた…?妙だな……』

そう、妙ですよね。

倒産直前まで普通に買取業務を行っていたことから、一部では計画倒産の可能性も囁かれているのです。

真相は闇の中ですが、いずれにせよユーザーを置き去りにした責任は免れません。

買取幸の経営者は、一体何を考えていたのでしょうか。


②倒産による影響範囲

買取幸の唐突な倒産は、多くのユーザーに衝撃をもたらしました。

特に高額なトレーディングカードを買取に出していた人の被害が深刻で、300万円以上の損失を被ったケースもあるとか。

ポケモンカードのなかでもレアなものは、一枚で数十万円もの価値があることを考えると、その影響の大きさがわかります。

買取幸を信用していただけに、裏切られた思いは計り知れません。


③法的対応と救済策

買取幸の被害者たちは、現在法的手段を検討しています。

今後、弁護士への相談が相次ぐ見通しです。

ただ、買取幸からの補償については未だ不透明な状況が続いています。

すでに破産手続きに入っているようですが、被害者への告知は弁護士を通じて行われるでしょう。

    「いけっ、ピカチュウ!」

    「ピカ…(満身創痍)」

    「もういい!戻れ!」

そんな泣き寝入りは避けたいですが、現実的にはかなり厳しい戦いが予想されます。

計画倒産の可能性について

ヤバイ理由

買取幸の倒産については、計画倒産の疑いも浮上しています。

ここでは計画倒産の概要と、買取幸のケースについて考察していきます。

被害者の方は、証拠集めと法的対応が重要になってきますので、しっかりとチェックしておきましょう。


①計画倒産とは?

計画倒産とは、企業が意図的に倒産を仕組み、債務を踏み倒すための手段のことです。

通常、経営者が資産を隠して、債権者への支払いを免れるために行われます。

会社を潰す前に、お金や資産をどこかに移しておくわけですね。

まさに悪質極まりない行為ですが、証拠を掴むのはなかなか難しいのが現状です。


②「買取幸」の場合

買取幸の倒産が計画倒産である可能性は、けっして低くありません。

倒産の直前まで、普通に買取業務を続けていたことがその理由です。

つまり、ギリギリまでカードを集めておいて、いざ倒産となれば資産を持ち逃げできる…という魂胆が透けて見えるのです。

買取幸の経営陣は、最後の最後まで客を騙し続けていたのかもしれません。

もしそうだとしたら、悪意極まりないですね。


③計画倒産の証拠と対策

計画倒産の証拠としては、経営者による資産の移動や、不自然な取引などが挙げられます。

被害者の方は、こうした証拠を集めることが重要になります。

また、破産手続きの際は、隠れた財産がないか裁判所の調査も入るでしょう。

買取幸の実態が明らかになるのは、もしかしたらこれからかもしれません。

被害者の方は、弁護士と相談しながら、しっかりと対策を講じていきましょう。

【実例】インターネットでの被害報告

被害報告は色々ある

買取幸の倒産は、インターネット上でも大きな話題となっています。

SNSや掲示板では、被害者たちによる悲痛な報告が相次いでいるのです。

ここではその一部をご紹介しながら、被害の実態に迫ってみましょう。


①SNSでの被害報告

TwitterやFacebookなどのSNSには、買取幸の被害に遭った人たちの投稿があふれています。

「数百万円分のカードを買い取ってもらったのに、お金が払われない」「これからどうすればいいんだ…」など、切実な訴えも少なくありません。

被害額や詳しい経緯を記した投稿も多く、買取幸の倒産が与えた影響の大きさがひしひしと伝わってきます。


②掲示板での情報共有

2ちゃんねるをはじめとする掲示板サイトでも、買取幸の倒産に関するスレッドが次々に立っています。

くぅ~疲れましたwこれにて完結です!(人生的な意味で)

てな感じで被害者たちによる情報共有が活発に行われており、中には法的対応を取るためのアドバイスなども見受けられます。

本当の本当に終わり(意味深)にするわけにはいかない…

そんな被害者たちの強い思いが、画面越しにも伝わってくるようです。


③メディアの報道

買取幸の倒産は、一部のニュースサイトやブログでも取り上げられています。

被害の実態や、今後の法的対応についての解説記事などが公開されており、多くの人々の関心を集めています。

「カードを売って損をした」といった個人的な被害だけでなく、社会問題としての側面も注目されているようです。

買取幸の倒産は、業界全体への警鐘となるかもしれません。

まとめ

まとめ

ということで、買取幸の倒産とその被害の大きさについてお話ししました。

倒産寸前まで買取して商品を持ち去る「計画倒産」であるならば、きわめて悪質です。

被害に遭われた方は、弁護士に相談しつつ、計画倒産の証拠を集めることが重要になりそうです。

とは言っても、証拠集めは難しそうですね…。

ポケモンカードなどのトレカは人気なだけあって、闇が深いですね。

今後、トレカの売却を検討している人は、本当に信頼できる、もしくは必ずお金を受け取ってから商品を渡すことができる店舗を探しましょう。

では、

    まどか、○○ゆき、ピカチュウ、サトシ、俺「読んでくれた皆さん、ありがとうございました!!」

って、なんで俺くんが!?


【24時間オンライン相談可】
被害金の返金実績がある弁護士はこちら

ART法律事務所公式 ※公式ページが表示されます

蒼空法律事務所公式 ※公式ページが表示されます

田中保彦法律事務所 ※公式ページが表示されます

※田中保彦法律事務所の公式ページが表示されます


山本法律事務所 ※公式ページが表示されます

※山本法律事務所の公式ページが表示されます


詐欺情報掲示板 - サギペディア SAGIPEDIA

被害者の会 匿名掲示板…

※弁護士や司法書士へ相談する際は
”詐欺に遭った経緯”を説明するとスムーズに進みます。