情報商材の返金請求が可能!
弁護士/司法書士一覧

司法書士
ライタス綜合事務所
神奈川県横浜市神奈川区台町11-30 台ビル12
司法書士
イーライフ司法書士
東京都荒川区西日暮里5-23-1 MT田中ビル3階
弁護士
丹誠司法書士法人
東京都港区虎ノ門一丁目3番1号 東京虎ノ門グローバルスクエア5階

情報商材詐欺被害に遭ったときの返金方法と相談できる弁護士司法書士をご紹介

悪質な情報商材を使った詐欺被害が増加しています。若者や悩みがある人に「楽に儲かる」「絶対に稼げる」と言って、高額な情報商材を売りつける事例があります。

情報商材詐欺に遭った場合、返金請求はできるのでしょうか。

今回は、情報商材詐欺の被害に遭ったときの返金方法を解説します。情報商材詐欺について相談できる弁護士司法書士を紹介していますので、参考にしてください。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示

情報商材詐欺被害とは

情報商材詐欺被害とは

情報商材詐欺の被害について、以下の3点から説明します。

  • 詐欺被害の定義
  • 被害に遭いやすい人の特徴
  • 代表的な手口

悪質なイメージの強い情報商材ですが、すべてが劣悪とは限りません

詐欺被害に遭いやすい人の特徴や代表的な手口を知り、悪質な情報商材を購入しないように注意しましょう。


詐欺被害の定義

情報商材詐欺の定義は、「無価値な情報を高額で売りつける詐欺」です。

情報商材は、知識や経験に基づくノウハウを商品として販売しているため、購入しないと中身が見られません。

有益な情報商材もありますが、誇張表現や断定的な表現を用いて商品をすすめられた場合、詐欺の可能性が高いです。

絶対に儲かる」や「簡単に今すぐ稼げる」などの言葉を見聞きしたら、情報商材詐欺を疑いましょう


被害に遭いやすい人の特徴

情報商材詐欺の被害に遭いやすい人は、若者現状に強い不安がある人です。

消費者庁によると、情報商材に関する消費者相談件数が若者では増加傾向にあります。

特に、20〜24歳の相談件数が増えているようです。

引用:第1部 第2章 第2節 (2)若者の消費者トラブル | 消費者庁


若者が情報商材詐欺の被害に遭いやすい理由は、収入が少なく経済的に余裕が無いためです。

お金に余裕が無いと冷静な判断ができず、広告の魅力的な表現に惹かれてしまうため、情報商材詐欺の被害に遭いやすいです。

将来への不安が強い人も情報商材の詐欺被害に遭いやすいと言えます。

不安が強くなると視野が狭まり、早く楽に悩みを解決できる方法を探してしまうからです。


代表的な手口

情報商材詐欺は以下の手口で行われます。

  • ブログやSNSで販売ページに誘導する
  • 初めは無料で後から高額な商品を売る
  • メールやLINEで囲い込む

情報商材詐欺の代表的な手口を知り、被害に遭わないようにしましょう。
情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示


ブログやSNSで販売ページに誘導する

情報商材詐欺では、ターゲットをブログInstagramYouTubeから販売ページへ誘導します。

作成者だけでなく、アフィリエイターが情報商材の宣伝や販売をする場合もあります。商品の宣伝や販売を代行し、収入を得るのがアフィリエイターです。

販売ページにレビューを記載し、情報商材の信憑性を高めるためのブログやSNSもあります。すべての情報商材や広告を信用しないようにしましょう。


初めは無料で後から高額な商品を売る

情報商材詐欺では、初めは無料でプレゼントをし、後から高額な商品を売りつけます。

無料」という言葉に反応するターゲットは、詐欺師に高額な情報商材を売りつけやすい相手とみなされます。

初めに無料低価格で販売するのは、情報商材詐欺ではよく使われる手法です。

無料でもらったから断りにくい」というターゲットの心理を利用して、高額商品を売りつけてくるので注意しましょう。


メールやLINEで囲い込む

悪質な情報商材の販売者は、SNSを通して手に入れたLINEやメールアドレスに商品をすすめるメッセージを送ります。

「あなただけに」「秘密」などの言葉を使って、ターゲットへ頻繁にメッセージやメールを送り、情報商材への関心を高めます。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示

詐欺被害に遭ったらすべきこと

詐欺被害に遭ったらすべきこと
情報商材詐欺の被害に遭ったらすべきことは、以下の4つです。

  • 被害届を出す
  • 返金を請求する
  • 事実確認や情報収集をする
  • 連絡先のメモを取る

情報商材詐欺に遭った場合、時間が経つと記憶が薄れ、情報収集や被害回復が難しいです。

速やかに対処できるよう、詐欺被害に遭ったらするべきことを把握しましょう。


被害届を出す

情報商材詐欺の被害に遭ったら、警察に被害届を提出しましょう。

警察に被害届を出せば、詐欺被害に遭った事件として捜査をしてもらえる場合があります。

警察には民事不介入の原則があるため、犯人が逮捕されても、被害届を出しただけでは失ったお金は返ってこないので注意が必要です。


返金を請求する

返金請求は、以下3つの方法で行いましょう。

  • 自分で行う
  • 消費者生活センターに相談する
  • 弁護士や司法書士に依頼する

情報商材詐欺の被害に遭ったときに、返金請求を自分で行うことも可能です。

ただし、慣れない手続きで時間がかかることや、販売者に軽視され応じてもらえないデメリットがあります。

消費者生活センターは詐欺被害に遭った場合にすべきことや、対処法を教えてくれる無料の相談窓口です。


返金請求や手続きの代行はできないため、消費者生活センターに相談しても、返金請求は自分で行う必要があります。

弁護士司法書士への依頼は費用がかかりますが、詐欺被害の相談を専門としているため、手続きや返金請求を代行してくれます。

経験や実績のある弁護士や司法書士に依頼することで、返金請求が成功しやすいです。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示


事実確認や情報収集をする

情報商材詐欺の被害に遭ったら、事実確認情報収集をしましょう。

警察に被害届を出したり、販売者に返金請求をしたりするためには、詐欺被害の証拠や情報が必要です。

詐欺師は、自分が不利になる証拠を残しません。

詐欺被害に遭った可能性がある場合は、自分で事実を確認し、情報を集めておきましょう。


残すべき情報は、以下の4つです。

  • 販売者から送られてきたLINEのメッセージやメール
  • 販売ページのスクリーンショット
  • 情報商材を購入するときに入金した販売者の銀行口座
  • 販売者のブログやSNSの投稿

重要な情報を残しておくことで、返金される確率が高くなります。


連絡先のメモを取る

情報商材詐欺の被害に遭ったら、販売者の連絡先を書き留めましょう。

事業者が情報商材を販売するためには、特定商取引に関する法律(特商法)に基づいて、サイトに記載すべき事項があります。事業者の氏名・会社名・住所・連絡先などです。

返金請求をするために相手の情報が必要になるので、確認しメモを取りましょう。

弁護士や司法書士に相談するメリット

弁護士や司法書士に相談するメリット
情報商材詐欺の被害に遭ったときに弁護士や司法書士に相談するメリットは、以下の3つです。

  • 法律的なアドバイスがもらえる
  • 裁判手続きの代理をしてもらえる
  • 詐欺被害の相談が専門

自分で情報商材詐欺の返金請求をするのは、法律の知識がなければ困難です。

法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼することで速やかに有効な対処ができます。

弁護士や司法書士に相談する3つのメリットを詳しく説明します。


法律的なアドバイスがもらえる

1つ目のメリットは、弁護士や司法書士に相談すると法律的な助言がもらえることです。

弁護士や司法書士は法律の専門家です。法律に詳しい立場から返金請求や被害回復についてのアドバイスをもらえます。

情報商材詐欺の返金請求は、民法や特定商取引に関する法律、消費者契約法などの法的根拠に基づいて行われます。


販売されているすべての情報商材が悪質で違法ではないため、詐欺に該当するかの判断が難しいです。

情報商材詐欺の内容により、有効な対処法が異なる場合もあります。

弁護士や司法書士に相談すると、返金請求について法律的なアドバイスがもらえるため心強いです。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示


裁判手続きの代理をしてもらえる

2つ目のメリットは、弁護士や司法書士が裁判の手続きを代行してくれることです。

情報商材詐欺の返金請求や損害賠償請求をしても販売者が応じない場合は、裁判を起こす必要があります。

被害額が大きい場合は、詐欺罪として刑事告訴をすることも考えられます。


裁判を起こすためには手続き、刑事告訴をするためには告訴状の作成が必要です

裁判手続きは法律に詳しくない人にとっては、複雑で時間がかかるため負担が大きいです。

法律の専門家である弁護士や司法書士に代行してもらうと、苦労せず円滑に裁判手続きができます。


詐欺被害の相談が専門

3つ目のメリットは、弁護士や司法書士が詐欺被害の相談を専門にしていることです。

弁護士や司法書士は被害回復のために尽力します。

詐欺被害の相談を受けることも多いため、被害回復の知識や経験も豊富です。

実際に相談を受けた情報商材詐欺の事例に基づき、どのような手段での返金請求が有効か教えてくれます。

弁護士や司法書士の選び方と紹介サービス

弁護士や司法書士の選び方と紹介サービス
弁護士や司法書士を選ぶときは、情報商材詐欺の返金請求に成功した事例があるかを確認しましょう。

情報商材詐欺の相談事例や実績がある弁護士や司法書士に依頼した方が、返金請求の成功率が上がります。

どの弁護士を選ぶべきか分からない場合や、司法書士を選ぶ時間がない場合は紹介サービスを利用しましょう。

弁護士や司法書士の選び方のポイントと、紹介サービスの利用方法を詳しくお知らせします。


選び方のポイント

ポイントは、情報商材詐欺を専門とする事務所や、返金請求に成功した実績がある弁護士や司法書士を選ぶことです。

情報商材詐欺の相談や成功事例が多い弁護士や司法書士の方が、返金請求できる可能性が高まります。

弁護士や司法書士との契約前に無料相談ができるかや、依頼と契約にかかる費用が分かりやすいかを確認すると安心です。


弁護士や司法書士の紹介サービスの利用方法

弁護士や司法書士の紹介サービスは、以下の流れで利用できます。

  1. 申し込む
  2. 選任手続きをする
  3. 弁護士を紹介してもらう
  4. 弁護士へ依頼する

弁護士や司法書士を自分で選べない場合は、紹介サービスを利用しましょう。

紹介サービスを利用すると、自分の相談内容に適した弁護士や司法書士を紹介してもらえます。

紹介サービスは弁護士や司法書士の紹介料が無料ですが、担当弁護士に相談料を支払う必要があるため注意しましょう。

詐欺被害からの回復と再発防止のために

詐欺被害からの回復と再発防止のために
詐欺被害からの回復には返金請求が有効です。

詐欺に遭うと、お金を失ったことや騙されたことで気分が落ち込みます。

返金請求に成功すると、経済的被害が回復できるため心理的に楽になります


情報商材詐欺の被害を防ぐためには、情報を書かれたまま安易に信じずに疑いましょう

再発防止のためにも、情報を確認する癖をつけ、怪しい販売者からのメッセージを視界に入れないことが重要です。


心理的なダメージの回復方法

情報商材詐欺の被害に遭ったときに心理的なダメージを回復する方法は、失ったお金を取り戻すことです。

詐欺の被害に遭うと騙されたショックや悲しみに加え、お金を失った焦りや喪失感もあります。

心理的なダメージを回復するためにも、返金請求をしましょう。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示


被害を防ぐための予防策

情報商材詐欺の被害に遭わないためには、情報を鵜吞みにせず疑うことが大切です。

情報商材をすすめられても、購入しなければ被害は出ません。

詐欺師は、ターゲットが魅力的に感じる「今すぐに」「楽に」などの言葉を用いて、情報商材をすすめます。


誇大な表現断定的な言葉が用いられる場合は、詐欺を疑い、購入する前に踏みとどまりましょう。

「今だけ」「先着〇名様」「期間限定」といった考える時間を与えない表現にも、注意が必要です。

慌てて購入しないようにしましょう。


実際にできること

情報商材詐欺の被害に遭わないために実際にできることは、情報を見たまま信じず、調べて正確かを見極めることです。

以下の3つの方法で信頼できる販売者なのかを確認できます。

  • 販売ページの特定商取引に関する法律を確認する
  • 社名や代表者名、商品名をインターネットで検索する
  • 国税庁の法人検索を活用する

詳しく解説します。


販売ページの特定商取引に関する法律を確認する

販売ページにおける特定商取引に関する法律(特商法)のページの有無や、情報の正確さを確認しましょう。

特定商取引に関する法律とは、事業者の悪質な勧誘行為を取り締まり、消費者の利益を守るための法律です。

販売ページの事業者名・社名・連絡先・返品期限などの特商法に基づく情報を確認すると、信頼できる販売者か判断できます。


社名や代表者名、商品名をインターネットで検索する

社名や代表者名、情報商材の名前をインターネットで検索すると、同じような詐欺に遭った人のブログが見つかる場合があります。

検索の結果、事業者の公式ホームページが見つかったとしても安心せず、販売ページと公式ホームページの情報が一致するかを確認しましょう。


国税庁の法人検索を活用する

国税庁の法人番号公表サイトで社名を入れると、法人登録された会社かどうかを見極められます

国税庁に届出を提出して法人登録されると、法人の名称や所在地が公表されます

販売事業者が法人登録されていたら詐欺ではないと断言はできませんが、法人検索は事業者の情報を集める手がかりの一つです。


法人番号公表サイトでは、以下の3つを確認できます。

  1. 事業者の社名
  2. 事業所の所在地
  3. 法人番号

インターネットを使うと多くの情報を容易に入手できますが、すべてが正しいとは限りません。

信用できる情報かどうかを調べる習慣をつけることで、情報商材詐欺の被害を防止できます。

当サイトから紹介する弁護士や司法書士

当サイトから紹介する弁護士や司法書士
当サイトで紹介する司法書士事務所は、以下の3つです。

  • ライタス司法書士
  • イーライフ司法書士
  • 丹誠司法書士法人

各事務所のプロフィールや経歴、費用、実績や評判を説明します。


プロフィールや経歴

ライタス司法書士、イーライフ司法書士、丹誠司法書士のプロフィールや経歴を紹介します。


ライタス司法書士

ライタス司法書士は、神奈川県横浜市神奈川区台町にある情報商材詐欺の返金請求に力を入れている綜合事務所です。

依頼への対応が速く、最短で相談した当日に着手します。]


イーライフ司法書士

イーライフ司法書士は、東京都荒川区西日暮里にある司法書士法人です。

返金請求対応の専門チームがあり、実績のある司法書士が詐欺の相談や依頼を受けます。


丹誠司法書士法人

丹誠司法書士法人は、東京都港区虎ノ門にある法務事務所です。

情報商材詐欺事件の解決実績がある司法書士法人です。


相談料や費用体系

ライタス司法書士イーライフ司法書士丹誠司法書士法人への相談や依頼にかかる費用を紹介します。

契約前に弁護士や司法書士に無料相談をするときに、返金依頼にかかる費用を確認すると安心です。


ライタス司法書士

ライタス司法書士の費用体系は以下の通りです。

相談料0円
着手金0円
事務手数料20,000円~50,000円(+税)
完全成功報酬返金金額の20%~35%(+税)

引用:司法書士法人ライタス綜合事務所


イーライフ司法書士

イーライフ司法書士の費用体系は以下の通りです。

相談料0円
着手金0円
調査料0円
事務手数料20,000円~50,000円
成功報酬返金額の35%

引用:イーライフ司法書士法人


丹誠司法書士法人

丹誠司法書士法人の費用体系は以下の通りです。

相談料0円
初期費用0円
着手金0円
事務手数料0円
完全成功報酬一律35%

引用:丹誠司法書士法人|情報商材詐欺・副業詐欺返金に強い司法書士


実績や評判

3つの事務所は、情報商材詐欺の返金請求に成功した実績があります。

ライタス司法書士、イーライフ司法書士、丹誠司法書士の実績や評判を紹介しますので、参考にしてください。


ライタス司法書士

ライタス司法書士は、情報商材詐欺の被害に遭われた方々の相談に積極的に対応しています。

相談者の気持ちに寄り添い、手続きの説明も丁寧なため安心して任せられると評判で、さまざまな受注件数や解決実績を誇っています。


イーライフ司法書士

イーライフ司法書士は、情報商材詐欺の返金請求に成功した実績があります。

依頼者がお金を返してもらいたいと頼んでも販売者に応じてもらえなかったが、イーライフ司法書士に依頼した結果、返金がされた事例があります。


丹誠司法書士法人

丹誠司法書士法人は、詐欺被害の全額返金に成功した実績がある事務所です。

忙しく法務事務所に行く時間がない方から、実際に会わずにLINEで話を進められる点が評価されています。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示

まとめ

まとめ
今回は、情報商材詐欺に遭った場合の返金方法と相談できる弁護士や司法書士を紹介しました。

情報商材詐欺師は不安や悩みに付けこみ、誇大な表現を用いて無価値な情報を高額で売りつけます。

情報商材詐欺の被害に遭わないためには、誇張された表現を見聞きしたら疑い、情報の正確さや信憑性を確認しましょう。

情報商材詐欺に遭った可能性のある方は、返金請求をし被害を回復するためにも、弁護士や司法書士に相談してみてください。

情報商材詐欺被害金返金に強い弁護士/司法書士への相談はこちらから
▼ 公式サイトを表示