詐欺ったー 情報商材タレコミ部

【ヤバい】HLC(NextGen)は詐欺?マルチ?評判と口コミから注意点を解説

悪質な副業
情報商材詐欺

ちまたで話題の「HLC(NextGen)」をご存知ですか?一見すると、オンラインカジノへの投資で高収益が得られる魅力的なビジネスチャンスに見えるのですが、その実態は怪しい点だらけ。

    ネット上では「詐欺では?」「マルチ商法っぽい」といった否定的な評判や口コミが目立っており、その信頼性には大きな疑問符がつきます。

では、一体HLC(NextGen)とは何なのか?本当に稼げるチャンスなのか?気になる仕組みから、運営会社の信頼性、法的リスクまで、この記事では徹底的に解説していきます。

被害に遭わないためにも、参加を検討している方は必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

目次

『HLC』の詳細

どんな所?

商材名 HLC
運営会社 NextGen
法人番号 不明
代表者 悪徳業者
メールアドレス [email protected]
商材URL https://www.hlc-hlc.com
電話番号 不明
住所 11030 Udugampola, Sri Lanka

HLCは、NextGenが運営するサービスの一つです。

上記のような情報で「HLC」がしっかりした商品サービスにも見えますが、実際は「怪しい」や「詐欺」関係の検索ワードが増えていると状況下にあります。

HLC(NextGen)の概要と仕組みを解説!本当に稼げるの?

HLC(NextGen)の概要と仕組みを解説!本当に稼げるの?
HLC(NextGen)について、その実態と仕組みを探るべく、今回は詳しく解説していきます。

一体これは何なのか、そして本当に個人が稼げるようなビジネスモデルなのか、気になるところですよね。

特にネット上で話題になっているHLCですが、実は怪しい点も多いのです。

そこで、HLCの概要から、報酬プランの詳細、さらにはリスクまで、しっかりと見ていきましょう。


①HLC(NextGen)とは一体何なのか?

HLC(NextGen)は、NextGenという会社が運営するオンラインカジノ及び投資案件のことを指します。

NextGenはスリランカに本社を置く海外企業で、日本国内での知名度はあまり高くありません。

で、問題なのが勧誘方法。

実はHLCは、アフィリエイト報酬目当ての勧誘が横行しているんです。

つまり、自分が稼ぐためには他の人を巻き込まないといけない、そんな構図が見えてきますね。

うーむ、これは怪しい匂いがプンプンしますな。


②HLCの仕組みと報酬プラン

次に、HLCのビジネスモデルについて見ていきましょう。

    基本的には、会員がオンラインカジノに出資することで運用益を得る、というのがメインの収益源になります。

ただ、ここで留意すべきは、会員を勧誘することでアフィリエイト報酬が発生する点。

要は、人を巻き込んで報酬をもらえるわけですね。

そして肝心の報酬プランですが、ややこしいというか複雑な仕組みになっており、どうもピラミッド型の構造が疑われます。

上位の会員ほど多くの報酬を得られるような設計で、後から入った人が損をするような感じ。

はい、完全にアウトな匂いしかしません。


③本当に稼げるのか?リスクは?

結局のところ、HLCで本当に稼げるのか?というと、正直かなり怪しいと言わざるを得ません。

そもそも、オンラインカジノへの出資がメインなので、元本割れのリスクが非常に高いんですよ。

博打なんてそんなもんです。

「絶対儲かる!」なんて言ってる時点で、それはギャンブル以外の何物でもありません。

しかも、アフィリエイト報酬はあくまで会員勧誘が必須。新規会員を継続的に獲得できなければ、報酬は一気に枯渇してしまいます。

そんな不安定な仕組みで、まともに稼げるはずがないのは明白ですよね。

    そしてさらに問題なのが、HLCで実際に稼げたという証拠や実績が乏しいこと。

「もうめっちゃ儲かった!」とか言ってる人がいても、客観的な証拠がなければ単なる煽りにしか聞こえません。

もしHLCで本当に稼げるビジネスモデルなら、もっと堂々と実績を公開していいはずです。

以上の点を踏まえると、HLCへの参加はおすすめできません。リスクが高すぎる上に、そもそも稼げる保証がないのですから。

みなさんも、甘い言葉に惑わされずに、冷静に判断することが大切ですよ。

HLC(NextGen)の評判と口コミを徹底調査!ネットの声は?

HLC(NextGen)の評判と口コミを徹底調査!ネットの声は?
NextGenという名前を聞いても、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

一体それがどんな組織で、どういった評判を得ているのか気になりますよね。

そこで今回は、ネット上に点在するHLC(NextGen)に関する口コミや評判を丹念に調査し、その実態に迫ってみたいと思います。

果たして、HLCは信頼できる組織なのでしょうか?


①「詐欺」「怪しい」といった否定的な評判が目立つ

HLC(NextGen)に関する口コミを探してみると、「詐欺」「怪しい」といったネガティブな評価が非常に目立ちます。

中でも

    「HLCに騙されてお金を取られた」
    「詐欺に遭った」
    「NextGenは詐欺集団だ」

など、実際に被害に遭ったという証言が複数見受けられました。

また、直接的な被害こそないものの

    「怪しい」
    「うさんくさい」
    「胡散臭い」

といった漠然とした不信感を抱いている人も多いようです。

一方で、HLCを肯定的に評価する口コミもチラホラ。
でも、よく見るとそれらのほとんどが「アフィリエイターによる宣伝」っぽいんですよね。

つまり、中立的な立場からの評価としては、否定的なものが圧倒的に多数を占めている状況と言えるでしょう。


②ネットワークビジネス(マルチ商法)の手口との指摘

HLC(NextGen)への批判の中で特に多いのが、ネットワークビジネス(通称マルチ商法)に関するもの。

実際、HLCの勧誘手口を見ていくと

  • 加入者に対する過度な会員勧誘の強要
  • 幹部会員への昇格を餌に勧誘ノルマを課す
  • アフィリエイトで勧誘記事を量産

など、どれもこれもマルチ商法の特徴そのものと言えます。

他にも商品の購入を強要されたり、友人を紹介するようにしつこく迫られたりと、被害に遭った人の証言は枚挙にいとまがありません。

つまりHLCの実態は、金銭的利益を目的とした、ネットワークビジネスの一種だと考えられるわけです。


③運営会社への不信感が強い

そしてHLC(NextGen)への不信感を煽っているのが、運営会社の不透明さです。

HLCの運営主体とされるNextGen社。

ところがこの会社、企業情報が一切公開されておらず、どこの誰が運営しているのかさっぱり分かりません。

また、NextGenの前身とされる企業が

  • NOVA
  • ERA

という二つの組織で、いずれも行政処分や逮捕者を出す問題企業だったとの噂も。

NextGenの代表者についても素性が明らかにされておらず、むしろ意図的に隠蔽されている印象すら受けます。

このように、HLCを運営する組織の信頼性には大きな疑問符がつきますし、安心して任せられる相手とは到底思えません。

総合的に判断すると、HLCは信用できる組織とは言い難く、むしろ危険なマルチ商法である可能性が。

関わりを持つことはおすすめできませんし、勧誘があったらきっぱりと断るのが賢明だと思われます。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

HLCに渡すと危険な情報まとめ

ヤバイ理由
まず最初に、HLCを利用する際に、あなたが提供する可能性のある情報について見ていきましょう。

この中の1つでもHLC側に渡してしまった場合はお金だけでなく、他の面で被害にあう可能性があります。


メールアドレス・LINEID

HLCを利用するためには、メールアドレスまたはLINEIDの提供が必要となります。

しかし、この情報が悪用されると、スパムメールが大量に送られてくる可能性があります。

また、メールアドレス・LINEIDをもとに個人を特定され、個人情報が漏洩する危険性もあります。

(情報商材系の詐欺を行う事業者は、他にも懸賞企画やSNSのプレ垢などへの応募情報も保有しているケースがあり、NextGenがこれに該当するかは別として個人特定はあまり難しくない作業です)


住所氏名などの個人情報

この情報が悪用されると、身に覚えのない請求が届いたり、自力で返金請求やクレームを行った方がSNSでの晒し・嫌がらせなどの被害を受けてしまう可能性があります。


SNSアカウント情報

HLCを利用する際に、何らかの事情でSNSアカウントの情報を提供してしまう(もしくは感想ツイートなどで事実上バレる)ことがあります。

この情報も不正に利用されると、あなたの名前で不適切な投稿がなされたり、友人や知人に迷惑がかかる可能性があります。


クレジットカード情報

HLCの商品を購入するためには、クレジットカード情報の提供が必要となります。

特に、クレジットカード情報はカード番号の抜き取りや不正決済などの金銭的な被害を直接受ける危険性が高いため、十分な注意が必要です。

二次被害に不安な方は法律の専門家へ相談する事をお勧めします。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

【調査結果】HLCが違反している可能性のある法律・法令

法的根拠

NextGenが提供する「HLC」は一見すると魅力的な商品に見えますが、実は違法性が疑われる点がいくつか存在します。

以下では、HLCが違反している可能性のある法律・法令を具体的に解説します。


景品表示法違反(優良誤認表示)

まず、「HLC」のLP・商品詳細などの訴求情報が景品表示法における「優良誤認表示」に該当する可能性があります。

優良誤認表示とは、消費者が商品やサービスの内容を誤認しやすいような表示を行うことを指します。

つまり「テメェこれウソ800じゃねえか!」と言われる様なものです。

具体的には「HLC」が謳っている高額収益の実現可能性や、特定のスキルがなくても誰でも利益を出せるという主張などが該当します。

これらは全て未検証の情報であり、利用者が誤った認識を持つ可能性が高いです。


広告表示義務違反(特定商取引法第11条)

次に、特定商取引法第11条に基づく広告表示義務違反の可能性があります。

被害に遭われている場合は法律家に相談する権利があります。


刑法246条(詐欺罪)

さらに、「HLC」は刑法246条に該当する詐欺罪の疑いも否定できません。

詐欺罪とは、簡単にいうと他人をだまして財産を奪う行為を指します。

具体的には「HLC」が提供する商品が事実と異なる情報であったり、約束された内容が実現しない場合で、かつ、そのウソを信じた人が財物を交付(=お金を払うか、クレジットカードで決済する)ことが条件です。

HLC(NextGen)は違法なのか?法的リスクを解説

HLC(NextGen)は違法なのか?法的リスクを解説
HLC(NextGen)をめぐっては、その運営方法や宣伝手法に様々な疑問の声が上がっています。

果たして、HLCは日本の法律に照らし合わせて違法な存在なのでしょうか。

ここではHLCに関わる法的リスクについて、具体的な観点からわかりやすく解説していきます。


①特定商取引法に基づく表記に不備あり

まず指摘しておきたいのが、HLCの運営サイトにおける特定商取引法に基づく表記の問題点です。

    特定商取引法(通称:特商法)とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とした法律のこと。

ネット上で商品やサービスを販売する事業者は、事業者名や連絡先、商品の販売価格などの情報を分かりやすく表示しなければならないと定めています。

ところがHLCの場合、特商法に定められた表記事項の一部が欠如していたり、不明瞭な部分が見受けられるのです。

加えて、返金保証やクーリングオフ制度への言及がないのも気になるところ。仮に利用者とのトラブルが発生した際、スムーズな解決が望めない可能性があります。

現状のHLCは、特商法遵守の面で不十分な部分が散見されると言わざるを得ませんね。


②ギャンブル関連法規への抵触の可能性

HLCのビジネスモデルを見ると、その主軸はオンラインカジノにあるようです。

そして、ここで問題となるのがギャンブル関連法規です。

ご存知の通り、日本国内ではオンラインカジノが違法とされており、運営会社に対する罰則規定もあります。

HLC運営側は海外に拠点を置いているため、直接的な法的責任は問われないかもしれません。

しかし、日本人利用者を積極的に集客しているという点では、法的グレーゾーンに踏み込んでいるのは確か。

    利用者が逮捕されるリスクは低いものの、HLCへの送金や換金を行う過程で、ややこしいトラブルに巻き込まれる可能性は十分にあり得るでしょう。

ギャンブル関連法規の視点から見ても、HLCの運営方法には不透明な部分が多いと指摘せざるを得ません。


③景品表示法違反のリスク

最後に指摘しておきたいのが、景品表示法(景表法)に抵触するリスクです。

景表法は、商品やサービスの品質・内容・価格などについて、消費者に誤認を与えるような表示を禁止した法律。

根拠のない誇大広告や虚偽表示は、景表法違反に問われる可能性があるのです。

で、問題はHLCの宣伝手法。

    「誰でも簡単にカジノで稼げる!」
    「◯◯万円稼いだ!」

    といった煽情的な文句が並んでいますが、それらのエビデンスは示されていません。

割とヤバめな印象です。

しかも、HLCではアフィリエイト(紹介報酬)制度を採用しており、宣伝の多くがアフィリエイターによって担われている模様。

中にはインパクト重視のあまり、事実とは異なる説明をしているケースもあるかもしれません。そういった第三者による宣伝活動にも目を光らせる必要があります。

景表法の観点からしても、HLCの宣伝手法には注意が必要だと感じました。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

HLC(NextGen)の被害に遭わないための注意点

HLC(NextGen)の被害に遭わないための注意点
HLC(NextGen)について、被害に遭わないためにはどんな点に気をつければよいのでしょうか。

ここでは、うまい話の裏側に潜む危険性や、しつこい勧誘時の対処法、そして万が一被害に遭ってしまった際の行動指針について、具体的に解説していきます。

HLCに限らず、怪しげな投資話を持ちかけられた際には、以下の点を念頭に置いておくことが大切ですよ。


①うまい話には裏がある

「簡単に稼げる」「リスクゼロ」「今がチャンス」

こんな甘い言葉で誘ってくる投資話には、十分な注意が必要です。

そりゃあ、誰だって楽して大金を稼ぎたいですよ。

でもね、そんなに世の中甘くないんですよ。

「話が上手すぎる」「説明が不十分」「強引に勧められる」

こんな場合は、ほぼ間違いなく何らかの落とし穴が潜んでいると考えるべきです。

    たとえ一見魅力的に見えても、リスクやデメリットをきちんと理解し、慎重に判断することが肝要ですよ。

「じゃあどうすりゃいいの?」

って?

そりゃあもう、

とにかくうまい話には裏がある!

ってことを肝に銘じて、常に疑いの目を向けることですな。

楽して大金を稼げるなら、みんなとっくにやってるっちゅうねん。


②しつこい勧誘は要注意

「今だけのチャンス!」「あなただけに特別に!」

こんな調子で、執拗に勧誘してくる業者には要注意です。

それが悪質商法の典型的な特徴だからです。自分の意思とは関係なく、何度も何度も勧誘の電話やメールが来る。

セミナーや説明会への参加を強要される。断ろうとすると、威圧的な態度を取られる。

こんな状況に陥ったら、もうほぼアウト。

そういう連中の言うことを信じちゃいけません。

    「今が買い時」「こんなチャンスは二度とない」
    そんな煽りセールスに惑わされることなく、毅然とした態度で断る勇気を持つことが大切ですよ。

ちなみに、

「あんたのことが好きだから言うんだけど」

とか言い出したら、もう完全にアウトです。

マジで関わり合いにならないことです。


③被害に遭ったら泣き寝入りせず行動を

万が一、HLC(NextGen)の被害に遭ってしまったら、どうすればいいのでしょうか。

そんな時は、決して泣き寝入りせず、適切な行動を取ることが肝要です。

まずは、消費生活センター等の公的機関に相談しましょう。被害の状況を詳しく伝え、どのような対処法があるのかを確認します。

    必要に応じて、弁護士など法律の専門家に相談するのもよいでしょう。返金請求などの具体的な手続きをスムーズに進められます。

また、自分と同じような被害に遭う人を出さないためにも、情報収集と注意喚起を心がけることが大切です。

ネット上の口コミサイトや掲示板などで、HLCに関する情報を積極的に共有しましょう。

そうやって、少しでも多くの人に注意を呼びかけることが、2次被害の防止につながります。

とにかく、

「騙された自分が悪い」なんて思わずに、

「ちゃんと行動しよう」と、

そう心に決めることが何より大事ですよ。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

HLCを運営するNextGen(代表:悪徳業者)に自力で返金請求する方法はある?

返金の方法

「HLC」に騙されたと感じ、自力で返金請求を考えている方もいるかもしれません。

しかし、自力での返金請求は危険であり、おすすめしません。

以下では、その理由を詳しく説明します。


【結論】危険なのでおすすめしません

自力で返金請求を行うことは、個人の情報がさらに悪用されるリスクがあります。

要するにNextGenならびにHLCの運営元から反撃される可能性があるということです.


情報商材関係の業者には「面倒な人種」が多い

また、情報商材系業者は「面倒な人種」が多く、一度返金請求を始めると長期間にわたる精神的ストレスが伴います。


警察に相談しても効果が得られないケースも多い

警察に相談することも考えられますが、情報商材詐欺は証拠が難しく、警察が動くまでには時間がかかることが多いです。

また、被害額が一定額に満たないと刑事事件として扱われないこともあります。


一般人からの返金請求に応じる可能性はほぼ0%

なお、HLCの運営(NextGen)が一般人からの返金請求に業者が応じる可能性はほぼ0%です。

専門家の助けを借りることを強くおすすめします。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

HLCにおける被害を放置するのは大変危険です

詐欺被害からの回復と再発防止のために
HLCからの金銭的被害を放置することで起こり得る具体的なリスクを3つの観点から見ていきましょう。


放置により倒産等でNextGen自体が消滅し、逃げ切られる可能性があります

まず一つ目のリスクは、放置によりNextGen自体が倒産等で消滅し、逃げ切られる可能性があるということです。

つまり、時間が経つほど被害者の立場は不利になるのです。


放置することで個人情報がNextGenから裏ルートで売買される可能性があります

二つ目のリスクは、個人情報がNextGenから裏ルートで売買される可能性があるということです。

悪徳業者は、その情報を他の業者に売ったり、別の目的のために使用したりすることがあります。


放置することでご自身(あなた)の実家等へ迷惑がかかる可能性があります

三つ目のリスクは、ご自身の実家等へ迷惑がかかる可能性です。

ご自身の周囲を巻き込んでしまう恐れもあるでしょう。

※HLCの事例ではありませんが、情報商材の購入に端を発して自己破産に至った事例も数例ですが、当サイトへタレコミがあります

HLCを運営するNextGenからお金を取り戻すには?

返金の方法
次に、HLCを運営するNextGenからお金を取り戻す方法・手順について具体的に説明します。


HLCで一度でも購入&送金or決済している=法律家に相談して返金請求する権利があります

まず、HLCで一度でも購入&送金or決済している方は、法律家に相談して返金請求する権利があります。


返金請求STEP1:相手とのメール履歴・支払明細などを取りまとめる

返金請求のための第一ステップは、相手とのメール履歴・支払明細などを取りまとめることです。

これらは証拠となり、返金請求の根拠となります。


返金請求STEP2:法律家の無料相談に申し込む

返金請求のための第二ステップは、法律家の無料相談に申し込むことです。

委任契約を結ぶ前に、「やっぱり詐欺ですか」「お金返ってきますかね」「依頼するならどのくらいの費用がかかりますかね」という話をします。

説明に納得し、依頼(返金請求)しようと心に決めれば次のステップに進みます。


返金請求STEP3:委任契約&法律家が代理人としてNextGenに返金請求

委任契約を結ぶと、法律家が代理人としてNextGenに返金請求をすることが出来るようになります。

はっきり言って、うさんくさい相手に素人が太刀打ちできるでしょうか。

うさんくさい相手には、それ相応の相手に対応してもらうのがベスト・オブ・ベストと言えるでしょう。

目には目を、というやつですね。


返金請求のポイント:本人(あなた)宛てのNextGenからの和解案には応じないようにしましょう

最後にポイントとして、本人宛てのNextGenからの和解案には応じないようにしましょう。

これは、被害者を「丸め込む」ための一つの手口であり、和解に応じると「すずめの涙」レベルのお金だけ(例:1,000円)受け取れ、あとは一切の請求権利を失うことがあります。

そのため、和解案が来た場合は、必ず法律家に相談するようにしましょう。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

まとめ

まとめ
HLC(NextGen)は、オンラインカジノへの出資やアフィリエイト報酬を売りにしていますが、その実態は不透明で、詐欺的な要素が強いと言えるでしょう。

    ネット上では被害を訴える声が多数あり、運営会社への不信感も根強いようです。特定商取引法に基づく表記にも不備があり、法的なリスクも懸念されます。

何よりも、うまい話には裏があるものです。簡単に稼げるという甘い言葉に惑わされず、リスクをしっかりと見極めることが肝心ですね。しつこい勧誘にも要注意です。

もし被害に遭ってしまった場合は、泣き寝入りせずに消費生活センター等に相談し、専門家に返金請求を依頼するのがベストでしょう。一人で抱え込まず、周りにも注意喚起していくことが大切ですよ。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます


【24時間オンライン相談可】
被害金の返金実績がある弁護士はこちら

ART法律事務所公式 ※公式ページが表示されます
蒼空法律事務所公式 ※公式ページが表示されます

※蒼空法律事務所の公式ページが表示されます

田中保彦法律事務所 ※公式ページが表示されます

※田中保彦法律事務所の公式ページが表示されます

詐欺情報掲示板 - サギペディア SAGIPEDIA

被害者の会 匿名掲示板…

詐欺トラブルZERO

海外詐欺情報部は、国際ロマンス詐欺や海外FX詐欺、仮想通貨やマルチ商法などの詐欺情報を取り扱うメディアです。最新の詐欺手…

※弁護士や司法書士へ相談する際は
”詐欺に遭った経緯”を説明するとスムーズに進みます。