Headshooter(ヘッドシューター)

【返金請求可能】商材「Headshooter(ヘッドシューター)」が怪しい!調査結果&詐欺の可能性を徹底解説

悪質な副業
情報商材詐欺

大変です。

「Headshooter(ヘッドシューター)」という副業関連商材に興味を持ち、購入を検討している方が増えているようですが、実は「稼げない」「稼げるのか不明」といった金銭トラブルに巻き込まれるリスクがあるようなのです。

そもそも、この商材の販売元について調べてみると、いくつかの不透明な点が浮かび上がってきました。

まず、販売会社名や法人代表者、運営責任者名などの基本情報が一切公開されていないのです。

また、販売価格や住所などの重要な情報も開示されていません。

こうした情報不足の状態では、商材の信頼性や内容に疑問を感じざるを得ませんよね。

最悪の場合、「Headshooter(ヘッドシューター)」は、お金だけ取られて稼げない、いわゆる「詐欺商材」である可能性すら考えられます。

もしかすると、すでに商材を購入してしまい、返金を要請しているにも関わらず

「ノークレーム・ノーリターンです」

などと言われ、取り合ってもらえないケースもあるのではないでしょうか。

そこで今回当編集部では「Headshooter(ヘッドシューター)」について徹底的に調査し、その実態を明らかにすることにしました。

調査の結果わかった事実や、商材の怪しい点、そして詐欺の可能性について詳しく解説していきます。

※「Headshooter(ヘッドシューター)」に返金要請したい!という方は↓の消費者センターのページが参考になるかもしれません。具体的に返金要請出来るケースや流れが記載されています。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

Headshooter(ヘッドシューター)は危険?理由まとめ

ヤバイ理由

「利益を生み出す仕組みが不透明」とか、

「個人情報がデータ化され、迷惑な情報が届けられる危険性がある」とか。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)する情報商材の世界では、一攫千金を夢見る人々の心理につけ込み、高額な商材を売りつける悪質な業者が後を絶ちません。

で、残念ながら調査した結果、Headshooter(ヘッドシューター)(会社名:非公開)もその一つかもしれません。

果たしてHeadshooter(ヘッドシューター)は信頼できる情報商材なのでしょうか、それとも詐欺的な手法で購入者を騙しているのでしょうか。

本記事では、Headshooter(ヘッドシューター)の危険性について徹底的に解剖していきます。
そうそう。

先に結論として、、Headshooter(ヘッドシューター)を購入してしまった方は詐欺被害に遭われている可能性があるので、返金請求も検討していきましょう。


根拠①利益を生み出す仕組みが不透明

「Headshooter(ヘッドシューター)」という商材について調べてみると、まず気になるのが「利益を生み出す仕組みが不透明」という点です。

普通、副業系の商材であれば、どのような方法で利益を上げるのかがしっかりと説明されているものですよね。

例えば、「〇〇という方法で××円稼げる!」とか、「△△を活用して□□のように収益化!」など、具体的な手法が示されているのが一般的です。

ところが、このHeadshooter(ヘッドシューター)には、そのような説明が一切ないのです。

「新しい副業で収益を上げられる!」とか、「誰でも簡単に稼げる!」といった抽象的な説明はあるのですが、肝心の「どうやって稼ぐのか」については触れられていないのです。

これでは、購入者は「何に対してお金を払うのか」がさっぱりわからない状態で商品を買わされることになります。

まるで、「うまい話があるから話だけ聞いてみない?」と言われて、料金を払ってから「じゃあ、どんな話なの?」と聞くようなものですよね。

こんな状態で商品を購入するのは、正直かなりのリスクが伴うと言わざるを得ません。

「一体何をさせられるのか」すら分からない状態で、お金を払うのはあまりにも危険すぎます。


根拠②個人情報がデータ化され、迷惑な情報が届けられる危険性がある

次に気になるのが、「個人情報がデータ化され、迷惑な情報が届けられる危険性がある」という点です。

Headshooter(ヘッドシューター)の販売ページを見ると、購入者の個人情報を入力するフォームがあります。

これ自体は、オンラインで商品を購入する際には一般的なものなのですが、問題はその先です。

入力された個人情報が、販売者によってデータ化され、他の業者に販売されてしまう可能性があるのです。

つまり、Headshooter(ヘッドシューター)を購入した途端、自分の個人情報が知らない間に拡散されてしまうということです。

そうなると、購入者のもとには、副業関連の迷惑メールやセールスの電話が殺到することになります。

中には、「Headshooter(ヘッドシューター)を購入した方限定のお得な情報です!」などと言って、さらなる高額商材を売りつけてくる業者もいるかもしれません。

そのような被害に遭わないためにも、個人情報の取り扱いに不安のある商材は、購入を控えるのが賢明でしょう。


根拠③特商法の表記が不足しているためリスクが伴う可能性あり

最後に、Headshooter(ヘッドシューター)の販売ページには、特定商取引法に基づく表記が不足しているという点も見逃せません。

特定商取引法とは、事業者と消費者の間のトラブルを防止するために、事業者に対して一定の情報提供を義務付ける法律のことです。

具体的には、事業者名や所在地、連絡先、商品の価格、返品・交換の条件などを、販売ページ上で明記しなければならないとされています。

ところが、Headshooter(ヘッドシューター)の販売ページを見ると、これらの情報がほとんど記載されていないのです。

事業者名や所在地、連絡先などは一切書かれておらず、返金保証についても触れられていません。

これでは、購入者は「誰が、どこで、どのような条件で商品を販売しているのか」が全くわからない状態になってしまいます。

つまり、トラブルが発生した際に、販売者とコンタクトを取ることすらできないということです。

最悪の場合、「商品が届かない」「内容が違う」といった問題が起きても、泣き寝入りするしかなくなってしまうのです。

そのようなリスクを避けるためにも、特商法の表記が不十分な商材は、購入を見送るのが得策と言えるでしょう。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

Headshooter(ヘッドシューター)の情報を調査してみた

どんな所?
Headshooter(ヘッドシューター)について、もう少し詳しく見ていきましょう。

商材名 Headshooter(ヘッドシューター)
会社名 非公開
法人番号 指定なし
法人代表者 公開なし
運営責任者名 非公開
販売価格 不明
住所 公開情報なし
電話番号 非公開
メールアドレス 情報なし
販売会社URL 公開なし
関連情報またはURLなど(危険) LINE誘導

ということで、ここからもうちょっと深堀りしていきます。


Headshooter(ヘッドシューター)運営会社の情報まとめ

Headshooter(ヘッドシューター)の運営会社は「非公開」です。

ただ、一言で言うならこの会社の実態は「不透明」。

一応、調査して分かった結果を以下でご報告いたします。(改まった感じで)

  1. 法人番号:「指定なし」
  2. 代表者「公開なし」
  3. 運営責任者「非公開」

ということで、「商売をやるうえで必要な情報が適切に公開されているか」という部分で、Headshooter(ヘッドシューター)はどうなんだろうか、と。

もうちょっと情報があっても良いんじゃないか、と。

ちなみに「Headshooter(ヘッドシューター) 副業」あたりのワードで検索した結果ですが、一部の書き込みでは、悪質な行為に関わっているのではないかと疑う声もあるようです。

結論:「火のないところに煙は立たない」


Headshooter(ヘッドシューター)の価格と内容は?

気になるHeadshooter(ヘッドシューター)の価格は、

「不明」

です。

一般的にこうした商材は

  1. 入口は安いが「その先」が高い
  2. 入口から高い
  3. そもそも情報抜き詐欺なのでLINE申し込みだけで購入物はない

の3択なのですが、Headshooter(ヘッドシューター)は上記のどれに該当するか・・・ご自身でも考えてみてください。

Headshooter(ヘッドシューター)についてはまあ、個人情報であれゼニであれ、何かしらの対価を払ってアクションを起こしていくことになるわけですが、はたして、その価値があるのでしょうか。

そしてこれも一般的な話で恐縮ですが、販売ページ上の説明では、具体的な商材の内容やカリキュラムがほとんど明かされていません。

「誰でも簡単に稼げるノウハウ」といった抽象的な説明だけでは、販売者側に都合の良い情報しか載せていない可能性が高いです。


Headshooter(ヘッドシューター)は稼げる?儲かる?

あんまり突っ込んだこと書くと「メーヨキソン」とやらです~ぐ怒られるので明言はできませんが、

基本、注意した方が良いと思います。

(詐欺の可能性はあります)

【見極めポイント】Headshooter(ヘッドシューター)の手口・特徴

手口

Headshooter(ヘッドシューター)のような情報商材詐欺の被害に遭わないためには、その特徴や手口を知っておく必要があります。
以下の点に注意しましょう。


手口①Headshooter(ヘッドシューター)の導入で好条件過ぎる利益が出るとうたう

販売ページでは、「1か月で〇〇万円稼げた」「わずか〇日で大金を手にした」など、非現実的な利益を謳っている点に要注意。

しかし、そんな都合の良い話が本当にあるでしょうか。

むしろ、こうした好条件すぎる利益を強調することで、購買意欲を煽り、高額商材を売りつけようとしているに過ぎません。


手口②稼いでいる人の体験談や成果を大量に載せる

これらの体験談は本当に信用できるのでしょうか。

下手したら

    「体験談”風”コラムを書いてくれる方を探しています」

とか言って、バイト募集をしているかもしれません(マジ)。

何だよ「体験談”風”」って。

それが許されるなら「学園祭”風”のカフェで販売されるJKの手作り”風”オムライス」(2,980円)が、まかり通るぞ。

もうさ、店も繁華街の雑居ビルでさ、店員さんもJKどころか明らかに「ごくせん(1stシーズン)」見てた感じの世代でさ、ガラケー渡したら凄い速度でメール打てそうな。そんな感じ。

    そんなJK(風店員)が出す「JKの手作り”風”オムライス」(2,980円)」。
    ※支払いは現金のみ

「体験談”風”コラム」は、そのくらいのご法度。

リアルな声とは一線を画す、そういうもんなのです。何の話だっけ。

あ、そうそうHeadshooter(ヘッドシューター)の話だった。

ということで実は、都合の良い体験談だけを集めたり、運営側が自作自演で用意した可能性も十分に考えられます。

こうした手法で、Headshooter(ヘッドシューター)の信頼性を高めようとしているのですな。


手口③誇大広告やデタラメな根拠

一般にこうした販売ページでは、根拠の不明な数字やグラフ、専門家の意見などが並べられています。

しかし、これらの情報は本当に信頼できるのでしょうか。

誇大広告やデタラメな根拠を示すことで、商材の価値を不当に高く見せかける手口は、情報商材詐欺でよく見られる特徴です。

鵜呑みにせず、冷静に見極める必要があります。

【悪徳商法の返金請求が可能】

イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

Headshooter(ヘッドシューター)からの返金を求める方法

返金の方法
Headshooter(ヘッドシューター)の詐欺被害に遭ってしまった場合、どのように返金を求めればよいのでしょうか。
いくつかの方法を紹介します。


①販売者に直接交渉する

まずは、Headshooter(ヘッドシューター)の販売者に直接連絡を取り、返金を求めることから始めましょう。

しかし、相手が悪質な業者である場合、簡単には応じてくれない可能性が高いです。

また、トラブルに巻き込まれるリスクもあるため、慎重に行動する必要があります。


②消費生活センターに相談する

Headshooter(ヘッドシューター)の詐欺被害に遭った場合、消費生活センターに相談するのも一つの方法です。

消費生活センターでは、商品やサービスのトラブルに関する相談を無料で受け付けています。

ただ、あくまでも相談対応が中心で、被害回復を直接的に支援してくれるわけではありません。


③【結構アリ】弁護士に相談する

Headshooter(ヘッドシューター)からの返金を求める際に最も効果的なのは、詐欺被害の対応に長けた弁護士に相談することです。

弁護士であれば、法的な観点からHeadshooter(ヘッドシューター)の商材が詐欺に当たるかどうかを判断し、販売者との交渉や訴訟の準備など、適切な対応を取ってくれます。

情報商材の詐欺被害は、法律の専門家でなければ対処が難しいケースが多いです。

早期の解決を目指すなら、一刻も早く弁護士に相談するのがおすすめです。


【悪徳商法の返金請求が可能】
イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます

※イーライフ司法書士の公式ページが表示されます

まとめ

まとめ

この記事では、情報商材Headshooter(ヘッドシューター)の危険性や詐欺の可能性について詳しく解説しました。

Headshooter(ヘッドシューター)のような悪質な情報商材は、高額な料金を払わせるだけで、満足のいく内容を提供しません。

むしろ、購入者を騙して金銭的な被害を与える可能性が高いのです。

Headshooter(ヘッドシューター)を購入してしまった方は、一刻も早く詐欺被害の対応に長けた弁護士に相談することをおすすめします。

泣き寝入りせず、しっかりと自分の権利を守るためにも、適切な行動を取っていきましょう。


【24時間オンライン相談可】
被害金の返金実績がある弁護士/司法書士はこちら

イーライフ司法書士 ※公式ページが表示されます
※弁護士や司法書士へ相談する際は
”詐欺に遭った経緯”を説明するとスムーズに進みます。

【24時間オンライン相談可】
被害金の返金実績がある弁護士はこちら

ART法律事務所公式 ※公式ページが表示されます
蒼空法律事務所公式 ※公式ページが表示されます

※蒼空法律事務所の公式ページが表示されます

田中保彦法律事務所 ※公式ページが表示されます

※田中保彦法律事務所の公式ページが表示されます

詐欺情報掲示板 - サギペディア SAGIPEDIA

被害者の会 匿名掲示板…

詐欺トラブルZERO

海外詐欺情報部は、国際ロマンス詐欺や海外FX詐欺、仮想通貨やマルチ商法などの詐欺情報を取り扱うメディアです。最新の詐欺手…

※弁護士や司法書士へ相談する際は
”詐欺に遭った経緯”を説明するとスムーズに進みます。